マタニティウェディングでブライダルフェアは不安?

授かり婚、マタニティウェディング、おめでた婚等と色々呼び名はありますが、妊娠中に結婚式を挙げるのは何かと不安ですね。デキ婚ならではの悩みや問題も色々ありますよね。

マタニティウェディングならではの不安はブライダルフェアで解消しよう!

そんなモヤモヤした状況で、結婚式を挙げるには、確認したいこと、質問したいこともいっぱいあると思います。そんなカップルが活用したいのがブライダルフェアです。ウェディングプランナーとの相談会が必ず設けられていますので、そこで色々相談してみるといいでしょう。

別に、実際に結婚式をあげようとしている候補の式場である必要はありません。どの結婚式場でも聞いておきたいポイントもあるはずです。プランナーとの会話で、色々な疑問を解消しておきましょう。

何軒かブライダルフェアを巡って、多方面で質問をして於けば、事前に抱いていた不安もきっと解消されます。逆に考えれば、適切にスムーズに質問に答えられないような結婚式場であれば、マタニティウェディングには適さないわけですね。

本命候補の会場に行く前に「疑問点の解消」と「妊婦さん対応、マタニティウェディングに向いている式場かどうかの見定め」ができている状態になっているのが理想的です。

ブライダルフェアでは何に参加すればいい?

ブライダルフェアといっても、多岐にわたります。会場、フェアの種類、色々あります。個人的に一番オススメなのは「試食会」です。ブライダルフェアの試食会に参加することで、式場を見極めるポイントもわかってきますし、グレード、人気、こだわりが見えてきます。

身重の妊婦さんでは、沢山のブライダルフェアに参加するのは難しいでしょう。最初に、いくつか周って、マタニティウェディングのポイントや注意点を抑えて、次に幾つか実際に結婚式を挙げてみたい式場のフェアに参加してみましょう。

ブライダルフェアの試食会に特会した選び方、ポイントを知りたい場合は、下記のサイトをご覧ください。

http://xn--cckdj3hred7ksa0827rui4a.com/

ブライダルフェアには早めに参加しよう!

妊婦さんの場合、結婚式を挙げることができる期間は限られています。ブライダルフェアに参加する場合は、すぐに参加したほうがいいでしょう。そうしないと、フェアに参加する前にタイムリミットがきてしまいます。

すぐ婚naviのように「半年前の挙式」と特化しているサイトもあるので、色々と情報収集しておくといいですね。実際に授かり婚やでき婚で結婚式を挙げた人のブログをチェックしておくのもオススメです。リアルな感じで参考になります。

Googleブログ検索「マタニティウェディング」、という風に検索してみると、有益なブログが見つかります。

紅に染まる秋を訪ねる九州旅行

都会では決して味わえない大自然とふれあう旅をご提案。そのハイライトは、熊本県と大分県にまたがる阿蘇くじゅう国立公園に広がる久住高原。紅葉のくじゅう遠山の絶景を眺めながら、見渡すかぎりの草原でエコウォーキングや乗馬体験などを楽しみ、雄大な自然に心と体をゆだねましょう。 続きを読む

妊婦が温泉に旅行するとき気をつけたいこと

妊娠中に旅行したい妊婦さんは多いですよね。特に体をリラックスさせたくて、温泉の旅行をしたいというニーズは年々高まってきています。妊婦さんが温泉旅行をする際に気をつけいておきたいことをご紹介します。

妊婦の温泉旅行を専門に紹介しているサイトで評判を確かめたり、JTBのようなサイトのクチコミを参考にするといいでしょう。 続きを読む

郷土愛が詰まった近江の地元食材を

生産者から直接野菜を仕入れ、レシピを提案するなど、地元農家と一体となって農業を盛り上げています。実りの季節にご用意するお料理にも、地野菜がたっぷり。市から届く芳醇な「もみじまいたけ」を使用。とろけるような甘さの「かぶの含め煮」のかぶは、根菜の生産が盛んな近隣の市から。 続きを読む

富士山を望むワイナリーで旬のごちそうを味わう

富士を望む広大な葡萄畑。登って美しいことから「丘」と呼ばれているのだとか。醸造は一年に一度の真剣勝負。甲州ぶどうは、生でも美味しく食べられるくらい果汁たっぷり。

ワインは瓶の中でも熟成を続け、少しずつ味が変化します。醸造の仕方によってさまざまな個性を持つ山梨のワイン。お料理ごとにセレクトしてみては。

続きを読む